適応症例

頭痛(頭部の症状)

頭痛やめまいは脳の血流障害

頭部の症状は、緊張型頭痛や頭の圧迫感などの痛みと、めまい(耳が原因でないもの)や浮遊感などの感覚の異常があります。
これらは首や肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こると考えられています。
長時間のデスクワークで同一姿勢が続いたり、精神的ストレスが続くと、筋肉の緊張が高まり血流が著しく悪くなります。すると筋肉の中に乳酸を始めとする老廃物がたまり、それが周囲の血管や神経を圧迫して、様々な感覚異常や痛みを起こしてしまうのです。

特に頭部を支配する神経が継続的な刺激を受け続けると、 脳が持つ「痛みのコントロール機能」が低下する為、筋肉が緊張していない時でも頭痛が起こるようになってしまいます。
頭痛やめまいは日常生活に支障をきたすつらい症状なので、薬による症状の鎮静を図りがちですが、原因は筋肉のこりなので、鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。特に頭痛薬の常飲は「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」を起こす危険性が指摘されているので注意が必要です。

症状

緊張型頭痛、めまい(景色がグルっと回るような、地面がぬけるようななど)、浮遊感、後頭部のしめつけ感、頭の圧迫感、 頭が重 い、頭にモヤがかかったような感じなど

原因

首こり、肩こり、 背中のこり、睡眠不足、 ストレス、冷え、目の使い過ぎ、浅い呼吸など

施術

頭部の症状に対する治療は、基本的に「首の症状」「目の症状」と同様に行いますが、合わせて肩や背中のこりを取る治療も行います。
ストレスによる頭部の緊張が強い人は後頭部に静脈血がうっ血している場合が多く見られます。その時は刺絡治療※を行います。
また、頭痛やめまいがある人は、上半身(横隔膜から上)の筋肉が極度に緊張している、いわゆる“頭に血が上っている”状態になっているので、ふくらはぎマッサージなどで下半身に血液を下す施術も行います。
後頚部から頭部の緊張が強い方は、表在感覚が過敏になっているので、最初は鍼治療が向かいないかも知れません。
そのような時は、感覚が治まるまで温熱器を使って首から頭部を温めながらマッサージしたり、手技での頭部マッサージを行いながら治療を進めていきますので、ご相談ください。

※刺絡:皮下の小静脈を刺激し、滞留した血液を流し去る療法。

上記以外の部位にも対応しておりますので、
ぜひご相談ください。