適応症例

首の痛み、首こり、首の違和感

首こりは放置してはいけない危険なこり

首は約5kgもある重い頭を支え、脳や頭部器官(目、耳、鼻、口)へ酸素と栄養を届ける血管と、体の情報を脳に伝え、脳からの指令を体に送る神経の通り道です。首は生命活動においてとても重要な役割を担っているにも関わらず、その構造は7つの骨(頸椎) の周辺を細く小さな筋肉が重なっただけの脆弱なものです。その為、首は少しの刺激で損傷しやすく、障害した時の影響が深刻で全身に及ぶことから「人体の急所」と言われています。
頚椎症、頚椎ヘルニア、頚椎脊柱管狭窄症と病院で診断名がつくものから、首の痛み、首の重だるさ、首と頭の境目のつまり感、首を動かした時のつっぱり感、首がギシギシ鳴るといった不快な症状は、首に負担をかけ続けた結果の『首こり』から始まります。

首を前に突き出した猫背の姿勢や下を向き続ける姿勢など、重い頭を首だけで支えるような姿勢を長時間続けていると、首への血液供給がおいつかなくなり筋肉を働かせるのに必要な酸素が不足します。酸欠になった筋肉はバネとしての機能を失い縮んだまま固まって、いわゆる「コリ」の状態になります。首こりが慢性化すると、縮んだ筋肉が首の可動域をせばめるだけでなく、首とつながる肩・腕、胸、アゴの動きまで制限しはじめます。そして慢性的に酸欠状態の筋肉内に老廃物が滞留し、そこに生じた発痛物質が末梢神経を刺激して鋭い痛みを引き起こします。 また、首は体と頭部を結ぶ血管の通り道である為、首こりは目、鼻、口、耳といった頭部にある器官と脳への血液供給に影響を与えます。眼精疲労、頭痛、鼻づまり、耳鳴り、顎関節症などは首こりとは全く関係のない症状のように思えますが、これらは首こりによる血流不全が招いた機能低下の結果です。首こりが起こす症状で特に注意が必要なのは自律神経の失調です。自律神経は生命の維持活動を担うとても重要な神経で、首には自律神経のブレーキ役である副交感神経が密集しています。首こりによってこの神経が誤作動を起こすと、体は暴走を始め、胃腸障害、睡眠障害、排泄障害、精神障害(うつ、パニック障害)など、広い範囲に深刻な影響を及ぼします。
首こりは放置してはいけない危険なコリです。たかがコリとやり過ごさず早めのケアをしてください。

適応症状

頚椎症、頚椎(首)ヘルニア、頚椎脊柱管狭窄症、頸椎手術後の後遺症、ムチ打ちの後遺症、ジストニア、首の痛み、首こり、首の重だるさ、首と頭の境目のつまり感、首が動かない、首をうごかした時のつっぱり感、首の前側がパンパンに張る、首がギシギシ鳴るなど

原因

首を含む運動器(身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称)障害の原因は、そのほとんどが外力によって損傷した組織におこる血流不全です。
外力には、ケガや事故による『一過性の外力』と、長年に渡る悪い姿勢、反復する動きで起こる『継続的な外力』があります。

  • 一過性の外力:交通事故、スポーツでの衝突や転倒、ムチウチ、寝違え、手術など
  • 継続的な外力:悪い姿勢、長時間下を向き続ける姿勢、長時間腕や手を使う作業、かみ合わせ、喰いしばり、歯の矯正、重い荷物を持つ、片側だけで荷物を持つ、過度な筋トレ、ストレスにより体が硬直するなど

首の痛みは外力を受けた結果、筋線維の破壊→持続的な筋肉の収縮→虚血、低酸素、老廃物の蓄積→発痛物質の生成が起こったからです。病院では、頸椎椎間板ヘルニア、頚椎脊柱管狭窄症などの骨の変性が神経を圧迫し痛みを起こしていると説明されますが、それらは継続的な外力によって生じた『結果』です。通常神経は圧迫されると痛むのではなく麻痺(知覚鈍麻、知覚脱失)します。もし構造の異常が原因であるならば、圧迫された神経は四六時中痛みを発するはずですが、多くの人は運動した後、お風呂に入った時に痛みが軽減しています。それは運動やお風呂で筋肉が温められて緩み、血流が改善したからです。症状を改善するには、損傷した筋肉や癒着した筋膜にアプローチし、血液の供給を促進することで組織の修復を図る必要があります。

施術

通常3つの段階を経て治癒に導きます。
第1クルー:痛みを消失させる施術
痛みの出ている筋肉のトリガーポイントを狙い、筋肉の緊張をゆるめ血流を改善させます。
第2クルー:痛みや違和感の根本原因を除去する施術
通常痛みを感じている筋肉は根本原因ではありません。ヒトは動き(活動)を通して体を傷めるので、その人の日常の姿勢、動作のクセから痛みが出た場所に負担をかけている部位を特定し施術をします。これにより筋肉の偏った緊張を取り、痛みが出ている筋肉と連動する筋肉(腕、肩甲骨、背中の上部、胸部、頭部、顔など)との動きを整えます。
第3クルー:体全体のバランスを整え再発を予防する施術
姿勢や動きに偏りが生じないよう、体幹、上肢、下肢全体のバランスを整えます。

※初診時に患者様の現在のお体の状態から、各段階にかかるおおよその施術期間をお伝えします。通院の強要はいたしません。。

上記以外の部位にも対応しておりますので、
ぜひご相談ください。