• TOP
  • 施術の特徴

施術の特徴

               
  • 1.深層筋にできたトリガーポイントを狙う『独自の技術』
  • 2.患部をピンポイントでとらえる『触診力』
  • 3.施術者がつきっきりで施術する『手間をかける手法』
                             

1.深層筋にできたトリガーポイントを狙う『独自の技術』

当院の『深層筋トリガーポイント鍼療法』は、患者様に痛みを与えることなく、慢性痛やしびれの元である深部組織(筋肉、腱、靭帯)にできたトリガーポイントに体の中からアプローチし、症状を改善できる独自の技術です。                
この技術が最大限に効果を発揮するのが「首」の施術です。なぜなら、首は小さくて細い筋肉が何層にも重なり、その筋肉の中を脳と体をつなぐ重要な神経と血管が通るとても繊細な場所だからです。「深層筋トリガーポイント鍼療法」は、指では触れられない繊細な場所、深い場所にも鍼の太さや長さを変えながら、鍼先を患部にぴたりと合わせて治療することが可能な為、つらい症状をスッキリと解消することができます。

「深層筋トリガーポイント鍼療法」の特徴
  • ・鍼が体に入る時の痛みがない。
  • ・指では届かない骨際の筋・腱・靭帯を施術できる。
  • ・体の動きを制限している筋膜と筋膜、筋膜と骨膜の癒着を取れる。

2.患部をピンポイントでとらえる『触診力』

東洋医学と西洋医学の最大の違いは、患者様の体に「触れるか触れないか」だと私は思っています。医療技術が進歩して多くの病気が早期に発見されるようになりましたが、整形外科の分野ではその力がうまく発揮できていないように思われます。それは「筋肉を診る」という発想がないからです。そのせいで、首の痛みやしびれで悩む多くの人々が”画像診断では問題なし”と言われて困惑されたり、”ヘルニア””脊柱管の狭窄”が原因として、牽引などの治療を長期間しているのに一向に症状が改善しないという状況が生まれています。筋肉の状態は画像には映りません。体を動かしている筋肉がしなやかなのか硬いのか、血液が十分に供給されているのかは目で見て、手で触れてみないとわからないのです。当院では首の小さくて細い筋肉にある患部を指で丹念にさぐり、施術ポイントと的確にとらえていきます。だから、画像に映らない痛みやしびれの元もすっきりと取りぞくことが出来るのです。                

3.施術者がつきっきりで施術する『手間をかける手法』

当院では多くの鍼灸院が行っている、鍼を数か所刺入した後に一定時間放置したり、刺した鍼に電気を通すことはしません。当院では指で丹念に施術ポイントをとらえた後、一本の鍼で一か所一か所丁寧に痛みやコリの元を取りのぞいていきます。その方法はまるで内視鏡のように、鍼先で筋肉の内部を感じながら表層から深層に向けて少しずつ少しずつ鍼を進め、これだ!と思うコリを鍼先で優しく揉みほぐすように刺激し溶かして(取りのぞいて)行きます。患部がゆるんだ際に「鍼のひびき※」を感じることがありますが、注射針を刺されるような鋭い痛みではありませんのでご安心ください。

※鍼のひびきとは。
鍼の刺激によって体の深部にズーンとした感じが起こる鍼治療独特の感覚。皮膚や筋、靱帯、骨膜や関節包などに広がっている神経や受容器が刺激されて起こる。この刺激により患部の感覚神経⇔運動神経が活性化され、筋肉がゆるむと考えられています。

深層筋とは

筋肉には体の表層にある浅層筋(アウターマッスル、グローバル筋)と骨の近くにある深層筋(インナーマッスル、ローカル筋)があります。浅層筋(アウターマッスル)は、身体を動かす時に大きな力を出したり、関節を実際に動かす役割を担います。一方の深層筋は、関節の動きを細かく微調整し、姿勢保持やバランスを取る役割を担っています。
首の慢性的な痛みやコリの多くは骨格を支える深層筋が原因です。
マッサージや整体などの手技の施術で一時的にラクになったと感じても、すぐに症状が戻ってしまうのは浅層筋が緩んだだけで、傷害している深層筋には何の変化もなかったからです。骨際にある深層筋は指で触れられない為、治療には患部の深さに合わせて長さを変えられる鍼が最適です。

深層筋を治療するメリット
  • 〇頑固なコリがすっきりと解消する。
  • 〇深層のコリが取れ、血流、リンパ液の流れが良くなる。
  • 〇関節が安定し、首(頚椎)の負担が減る。
  • 〇関節が安定し、疲れにくくなる。
  • 〇関節の可動域が広がり体の動きが良くなる。

原因不明の痛みの正体「筋膜性疼痛症候群(MPS)」とは

首の痛み、手や腕のしびれなどの症状があるのに、レントゲンやMRIで異常なしと言われた経験はありませんか?
それは「筋膜性疼痛症候群(MPS)」かも知れません。
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉と筋肉の間の膜である「筋膜」の異常が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。
筋膜が厚くなったり、滑りが悪くなったりすることによって引き起こされるとされています。通常我々が急激に重い物を持ったり、無理な姿勢を繰り返して筋肉に負担をかけると筋膜が過負荷状態になります。これはいわゆる筋肉痛で、数日程度で自己回復をしますが、さらに繰り返し筋肉を酷使したり、寒冷にさらされたりして血行の悪い状態が続くと、異常な筋膜は短期間で自己回復できなくなります。この状態が筋膜性疼痛症候群になった状態です。筋膜性疼痛症候群(MPS)は一般的な筋肉痛とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、そのまま放置すると更に痛みやしびれの範囲が広範囲に発生する傾向にあります。

MPSが原因で生じる症状によく似た病気
合併していることも多いですが、「筋膜性疼痛症候群(MPS)」の異常が原因で生じる症状とよく似た病気として以下があります。

  • ・筋緊張性頭痛
  • ・偏頭痛
  • ・顎関節症
  • ・頚椎症
  • ・頸肩腕症候群
  • ・五十肩
  • ・腱鞘炎
  • ・椎間板ヘルニア
  • ・脊柱管狭窄症
  • ・変形性股関節症
  • ・変形性膝関節症

当院の施術が他と違う3つの理由

1.アプローチする深さが違う

慢性的な症状の多くは体の深部にある組織(筋肉、腱、靭帯)の損傷が原因で体の動きを制限したり、神経の機能を低下させています。 当院では指や電気では届かない深部組織をターゲットにした施術を行っているので、施術後のスッキリ感が違います。

2.患部のとらえ方が違う

体は部分で動くわけではありません。筋肉は筋膜でつながり、内臓は神経ネットワークでつながっています。当院では症状を根本的に改善する為に、それらのつながり中で患部をとらえ最適な施術を行っているので改善が早く、再発が少ないです。

3.手間のかけ方が違う

当院の施術は深部にできた痛みや不調の元を指で丹念に探り、一か所一か所取りのぞいていくスタイルです。このやり方だから、もう取れないと諦めていた頑固なコリが取れ、ロックされた関節が動かせるようになります。

深部組織をダイレクトに刺激し早く効果が出せるのは鍼だけです。以前に鍼はやったけど・・・という方。鍼治療にも色々な種類があります。是非当院の施術をお試しください。必ずあなたをつらい症状から解放します。